asamini information

女性や男性におすすめの美容や健康におすすめの商品や面白いこと、ためになる情報をみんなで発信しています!

ニュース

道路標識にアートと称しステッカー貼った女 浦川真弥逮捕

昨年末から大阪や京都の市街地で、道路標識にハート形や人型のステッカーが張られる被害が相次いで確認された事件で、 14日、43歳の女が道路交通法違反の疑いで逮捕されました。

 

 

 

逮捕されたのは自称イタリア在住のブランド品販売員、浦川真弥(まみ)容疑者(43)

 

150114_oosaka

 

 

 

警察によりますと、浦川容疑者は1月3日の午前1時ごろに、大阪・北区茶屋町の市道で、一方通行の道路標識(高さ約3メートル)の矢印の部分にシールを貼り、交通の危険を生じさせた道路交通法違反の疑いが持たれています。

 

 

 

yjimageEXSU9IEO

 

 

clet-abraham-32

 

 

近くの防犯カメラに、浦川容疑者とみられる人物が外国人の男と一緒に標識にシールを貼り付ける様子が映っていたことから、警察が捜査していました。 調べに対し容疑を認め、「アート目的でしたが、今となってはとても反省しています」と話しているようです。     他にも、大阪市内では31カ所で道路標識にステッカーが張られていて、京都市内でも昨年末以降、約30カ所で発見されていました。

 

 

 

また、浦川容疑者と一緒にステッカーそ貼っている姿が防犯カメラに写っていた、自称アーティストのフランス人男性についても捜査を進めているようです。

 

 

 

男性は…

「警察が、もし私に『ステッカーを貼ったのか?』と聞いてきたら、YESと答えます」

「標識は権力のシンボルであり、標識を壊さずに、法律に対して異議を唱える作品だとして、90カ所にシールを貼ったと話しています」

「私の作品があれば、みんなもっと標識に注意を払うようになります。だから私は、安全のためには、いいことだと思っている」

と話しています。

 

 

いくらアートでも公共物に細工してはいけませんね。

しかもこれを見た人が標識に釘づけになり、事故を引き起こしてしまう可能性だってありますよね。

-ニュース