asamini information

女性や男性におすすめの美容や健康におすすめの商品や面白いこと、ためになる情報をみんなで発信しています!

雑学

遺品買取業者のおすすめ!買い取ってもらって得たお金は貯金

祖母が亡くなった後の遺品整理をした話

もう半期がすぎ、年末の足音が聞こえ始めた今日この頃、みんさん如何お過ごしでしょうか?

 

 

前期は、本業も副業も忙しくアッという間に時が過ぎてしまいました。後期もこのままアッという間に過ぎていくのでしょう・・・。

 

 

そんな忙しい中でも8月に祖母が亡くなった時は一瞬時が止まり、昔よく連れて行ってもらったデパートの屋上の遊園地で遊んだことを想い浮かべてしまいました。

 

 

88歳で亡くなった祖母は戦後の「もったいない」時代を生きた世代。「もったいない」が口癖で、なかなかものを捨てられない人でした。

 

 

そんな祖母が急逝し、たくさんの遺品が残されたのです。

 

 

その多くは使い古されたものでしたが、 中にはまったく未使用のまま山積みになっていた衣服や、母が子どもだった頃によく祖母が使っていたという古いミシン、長いあいだ愛用していた桐だんすなど、遺品整理をしてみるとそれはたくさんのものが出てきたのです。

 

 

1つ1つ手にとるたびに祖母の表情が思い出されて、家族みんな、これらのものを手放すのがつらく思えたのですが、いつまでも悲嘆に暮れるのではなく、思い出を振り切らないといけないという思いもありました。

 

 

そうしないと、前に進めないからです。

 

 

そこでわたしたち家族は、ネットで遺品整理業者をに買い取りを依頼することにしました。

 

 

ただ処分をしてしまうよりも、業者さんに買い取ってもらい、必要としている誰かの手に渡ったほうが「もったいない」が口癖だった祖母の思いを叶えることになるような気がしたのです。

 

 

葬儀が終わって落ち着いてから遺品整理業者をインターネットで調べてみたところ、たくさんの検索結果がヒットしました。

 

 

わたしも両親も仕事があり、ゆっくりと遺品の整理をしている時間がなかったので、検索結果のうち全国対応の買取業者で対応が早いところを選ぶことにしました。

 

 

遺品整理業者さんに依頼をすることなんて、おそらく一生に1,2度あるかないかでしょう。

 

 

依頼をしてからの対応は本当に迅速で助かりました。

 

 

遺品の買い取り金額を見積もり、その後、買い取りをしていただくという手順だったのですが、祖母よりも前に亡くなっていた祖父が集めていた趣味の切手も買い取ってもらえると知って驚きました。

 

 

ほかに、 高価な掛け軸、花瓶、絵画なども買い取り対象になるとのこと。

 

 

高価な掛け軸は、親戚で分けようか?という話にもなりましたが、みんなマンションや洋風な家に住んでおり和室自体がない家が多いということで、こちらも業者さんに買い取ってもらうことになりました。

 

 

祖母の突然の逝去には本当に悲しみ、家族みんなが途方に暮れましたが、依頼後すぐに対応をしてもらえたことで、残された者は前を向いていこうという気持ちになれたことが大きかったです。

 

 

買い取ってもらって得たお金は家族で分配し無駄遣いせずに貯金することにしました。そのほうが「もったいない」が口癖の祖母に喜んでもらえそうだからです。

 

 

遺品買取業者さんのホームページはこちら



-雑学