asamini information

女性や男性におすすめの美容や健康におすすめの商品や面白いこと、ためになる情報をみんなで発信しています!

知恵袋的なこと

会社が儲かるのは円高?円安?意味を理解し経済を知る

円高・円安をまず知ること!

みなさん、円高、円安の意味わかりますか?

 

日常生活には関係のない話だと思われがちなので、知らなくてもいいという大人も多いと思いますが、経済を知って世の中の流れを把握するために最低限のことは知っておきましょう。

 

簡単に言ってしまうと

 

円高とは、円の価値がドルに対して上がったことを『円高』といい。

 

円安とは、円の価値がドルに対して下がったことを『円安』といいます。

 

ここまでいいでしょうか?

 

次の話から分からなくなる人が多いのですが・・・

 

①1ドルが100円だったのが90円になった時は円高でしょうか?円安でしょうか?

 

答えは円高です。

 

次の問題にいきます。

 

②1ドルが90円だったのが100円になった時は円高でしょうか?円安でしょうか?

 

答えは円安です。

 

分りましたでしょうか?分らなかった人のために①の円高を例にして、言葉にちょっとだけ魔法を掛けたいと思います。

 

1ドルが100円だったのが90円になった時は『円高』ですが、円高の後ろに『ドル安』という言葉をつけると、あーらっビックリ分りやすくなります。

 

円高ドル安

 

ドルを主役に考えたら100円が90円になっている(安くなっている)ことが分るのでイメージがつきやすいですよね。

 

円安ドル高

 

分りますか?

 

①の円高について、別のたとえを出すと・・・1個、1ドルで買っていた『みかん』があるとします。

1ドルが100円だったとしたら、100円で買えますよね。それが円の価値が変動して90円になったら、100円ではなく90円で“安く”買えるようになります。

 

円の価値が上がったから10円安く買うことができるようになりました。

 

ですから、円高(ドル安)と言われるのです。

会社業績に影響する円高・円安

みかんを『輸入している専門会社』とみかんを『輸出していた専門会社』があったとします。

 

円高・円安が、その会社にどのように円高・円安が影響するか考えてみましょう。

 

【輸入している専門会社】

円高の場合は、1ドルのみかんを輸入する場合は、今まで100円×1ドル=100円の支払いでしたが、90円×1ドル=90円の支払いですみます。

 

みかん1個10円お得です。

 

逆に円安の場合は、今まで、90円×1ドル=90円の支払いでしたが、100円×1ドル=100円の支払いになります。

 

みかん1個10円損をします。

 

【輸出している専門会社】

円高の場合、今まで100円×1ドル=100円の売上でしたが、90円×1ドル=90円の売上になってしまいます。

 

売上が10円減少します。

 

逆に円安の場合は、今まで、90円×1ドル=90円の売上でしたが、100円×1ドル=100円の売上になります。

 

売上が10円増加します。

 

したがって、基本的な考えとしては、円高の場合は、エネルギーや食品関係の『輸入企業』が儲かり、円安なら自動車産業など『輸出企業』が儲かります。

-知恵袋的なこと