お客様のお悩みをYOUTUBE動画の力で解決します

< お知らせ >


B to C の企業は積極的にYouTubeの活用をおすすめします。

2020年10月27日(火)


B to Cとは、企業と個人(消費者)間の商売、あるいは企業が個人向けに行う事業のこといいます。

このB to C 会社こそYouTubeを集客に活用することをおすすまします。

今回、中古車販売店の動画を作成してみました。

動画の内容に関しては、販売している車(ベンツC180)の動画になっていますが、お店自体のサービス内容をPR動画として作成することもおすすめです。

YouTubeの動画を評価する基準の1つとして、動画の本数も関係するので販売している車の動画ならネタには困りませんから運用する側としてはGoodです。

今回の動画のYouTube内のサムネイルに関しては、スマホで閲覧した場合でも他の動画に埋もれないように目立つような色使い、文字配置にしています。

視聴者に『行ってみたい』という行動を促すために、本来なら明るいキャラのお店の販売員さんに車の説明をして頂くことで、集客したいところではありますが、時間の都合上できませんでした。

YouTubeを活用すれば、カーセンサーやグーネットでは伝わらないお店の中身が伝わり、それが信頼構築につながります。

中古車販売店で、在庫の回転率を上げたい!もっと集客したい!と思われているお店がありましたら、まずはYouTubeをやってみましょう。

お問い合わせはこちらから

LINEはこちらから

友だち追加